香りの知識

フレーバーとフレグランスの違いは”たった1つ”、香りのプロが解説

【いまさら聞けない?】フレーバーとフレグランスの違いは”たった1つ”

kaori

香料メーカーで研究職として働いていた経験から、香りや臭いについて情報発信しています|アロマテラピー検定1級|わたしも実際に使っている香水サブスク(COLORIA、SCENTPICKなど)の紹介|みなさんとワクワクしながら香りを楽しめる「香りハピネス」なライフを目指せたらウレシイです♪

悩む人

香料はフレーバーとフレグランスに分けられるそうだけど、どんな違いがあるんだろう?

そんな疑問に香りのプロがお答えします。

この記事を書いた人

kaoriのプロフィール画像kaori(@kaori_happines

フレーバーとフレグランスの違いはひとつだけ!
この記事はこんな人におすすめ
  • 香料におけるフレーバーとフレグランスの違いを知りたい人
  • 香料について詳しく学びたい人
  • 香りに興味がある人

この記事では、香料におけるフレーバーとフレグランスの違いについて解説します。

フレーバーとフレグランスの違いを答えられる人は少ないです。

香料は菓子・清涼飲料水のような食品に使われる”フレーバー”と、化粧品・柔軟剤・香水のような香粧品に使われるフレグランスに分けることができます。

kaori

フレーバーとフレグランスの違いはとてもシンプルです!

結論

フレーバーとフレグランスの違いは”口に入るかどうか”です。

この記事を読めば、”フレーバーとフレグランスの違い”はもちろん、”それぞれの香料の用途”についてもわかります。

わかりやすく解説するので、ぜひ最後までお読みくださいね!

この記事で解説するのは、香料におけるフレーバーとフレグランスの違いです。コーヒーではまた別の意味で用いられます。

フレーバーとフレグランスの違いは”口”に入るかどうか

まずはじめに香料について簡単に説明します。

香料は、天然香料や合成香料がありますが、これらを混ぜることで調合香料ができます。

そして、この調合香料はさらにフレーバー(食品香料)とフレグランス(香粧品香料)に分けることができます。

フレーバーに使える香料とフレグランスに使える香料は共通のものもありますが、異なるものもあります。

それぞれの化合物を覚えるのは大変なので、ざっくり次のように考えるとわかりやすいです。

フレーバーとフレグランスの違いは”口に入るかどうか”。

たったこれだけなんです。

例えば、アイスは口に入れますよね?
口に入れても安全な香料は”フレーバー”です。

一方、柔軟剤を飲むことはありませんよね(笑)
口に含まない商品に使われる香料は、”フレグランス”になります。

kaori

それでは問題です。
歯磨き粉に使われる香料はフレーバーでしょうか?フレグランスでしょうか?

わかりましたか?

正解は・・・

フレーバーです!

kaori

歯磨き粉は口に含みますよね?だからフレーバーです。
間違いやすいので注意してくださいね。

同じように、マウスウォッシュ製品やたばこに使われる香料も、やはりフレーバーです。

フレーバリストとパヒューマーとは?

調合香料は調香師という香りのプロによって作られます。

同じ調香師でも、フレーバーを作る人を”フレーバリスト”といい、フレグランスを作る人を”パヒューマー”と呼びます。

明確に区別されているので、覚えておきましょう。

通常、一人の調香師がフレーバーもフレグランスもどちらも開発することはありません。

基本的にはフレーバーリスト・パヒューマーのいずれかとして専門的に働くケースがほとんどです。

》香料の研究職を目指す|【アカリク転職エージェント】公式サイト

フレーバーの定義は?もう少し本格的に知ろう

フレーバーは、口に入る香料であることを説明しました。

実は、もう少し難しい定義があります。

フレーバー(食品)用の天然香料は、食品衛生法により次のように定義されています。

「動植物から得られたもの又はその混合物で、食品の着香の目的で使用される添加物

食品衛生法第4条3項より

フレーバーは主に食品に”香りをつける(着香・賦香する)”ことを目的としています。

賦香・・・”ふこう”と読みます。

逆に言うと、香りをつける目的以外には使用してはいけないということになります。

さて、フレーバーそのものに”味”はありません。

アメリカでは味も含めてフレーバー扱いです。
日本では、あくまで”食品に香りをつけるための香料”をフレーバーと定義しています。

味・・・甘味、塩味、酸味、苦味、旨味の5種類
近年注目されている脂肪味も合わせると6種類

わたしたちは”いちご味”のお菓子を食べる時、”味”としていちごを認識していると思うかもしれませんが、実際は違います。

”いちご”を”いちご”と感じるのは、いちごの香りを鼻で感知しているからです。

試しに何でも良いので食品を鼻をつまんで食べてみてください。

おそらく、香りが全く感じられなくなると思います。

そして、鼻をつまんだ手を離すと・・・また香りを感じられるでしょう。

このように、香りこそが”イチゴらしさ”を感じさせてくれるんです。

これを風味香味と呼ぶことがあります。

フレーバーにはどんな種類があるの?

フレーバーの開発をするにあたって、目的の食品の香りを調べる必要があります。

ここでは、どのような種類があるか簡単に説明します。

柑橘類(シトラス)

シトラスはミカン科ミカン属の常緑低木or高木です。

  • レモン
  • オレンジ
  • ライム
  • グレープフルーツ
  • ユズ

などさまざまな種類があります。

lemon
レモン(lemon)
Orange
オレンジ(orange)

酎ハイなどでもレモン味などがあるように、シトラス香料は人気がありますよね。

ところで、シトラス(柑橘)の”におい成分”ってどこに多く含まれているかご存知ですか?

例えば、レモンやオレンジなどは”外果皮(フラベド)にある油胞に、”におい成分”が含まれます。

kaori

外果皮(フラベド)とは、要するに”色のついてる皮の部分”と思ってください。

内側の中果皮(アルベド)は白い海綿状の部分です。
香り成分は含まれていません。

トロピカルフルーツ

トロピカルフルーツは、熱帯から亜熱帯地方にかけて分布する果樹のことを言います。

  • マンゴー
  • バナナ
  • パイナップル
マンゴー(mango)
マンゴー(mango)
パイナップル(Pineapple)
パイナップル(Pineapple)

トロピカルフルーツのフレーバーもシトラスほどではありませんが、需要があります。

kaori

例えば、マンゴー味のアイスが季節限定で発売されること、多いですよね。

ソフトフルーツ

シトラスやトロピカルフルーツ以外のフルーツを”ソフトフルーツ”と言います。

  • イチゴ
  • モモ
  • メロン
  • ブドウ
  • リンゴ

など種類はさまざまです。

イチゴ(strawberry)
イチゴ(strawberry)
ブドウ(grapes fruits)
ブドウ(grapes fruits)
モモ(peach)
モモ(peach)

この記事では、それぞれのフルーツの”におい成分”について説明しませんが、各フルーツに特徴的な香り(特徴香)があります。

バニラ

バニラは、ラン科バニラ属の蔓(つる)性の植物です。

収穫前のバニラビーンズ
収穫前のバニラビーンズ
キュアリング後のバニラビーンズ
キュアリング後のバニラビーンズ

バニラと聞けば、アイスのバニラ味やバニラビーンズを思い出すでしょう。

意外かもしれませんが、バニラそのものは”におい”がしません。

キュアリングと発酵過程を経ることではじめて、甘くておいしい香りを漂わせます

kaori

シュークリームなどに使われるバニラビーンズのツブツブは、黒く発酵したバニラビーンズから取れますよ。

余談ですが、バニラビーンズは近年高騰しています。

マダガスカル産のものが高級品として名高いですが、たった1本で1000円以上することも・・・!!

コーヒー

コーヒーは、アカネ科コーヒーノキ属の高木の実の種子から作られます。

世界三大嗜好飲料のひとつであるコーヒーは人気の高いフレーバーです。

焙煎の仕方ひとつで、香りが大きく変わりますよね。

コーヒーの香気成分はとても複雑で、1000種類近い香気成分が報告されています。

未だ明らかになっていない香気成分も多いです。

kaori

コーヒーは好きですが、分析は大変でしたね・・・。

また、単一化合物でコーヒーの香りを想起させるものは”無い”と言われています。

kaori

他にも茶類やチョコレート、ミントなどなど・・・さまざまなフレーバーがあります。
調香師(フレーバリスト)が日々研究開発に奮闘していますよ!

フレーバーの形態は4種類

フレーバーには大きくわけて4種類の形態があります。

  • 水溶性香料
  • 油溶性香料
  • 乳化香料
  • 粉末香料

表にまとめたので、読んでみてくださいね。

種類どんな香料か?特徴用途
水溶性香料フレーバーを水溶性溶剤である水、含水エタノール、PG(プロピレングリコール)などに溶解させた香料口に含むとすぐに香りが広がりやすい飲料・アイスなど
油溶性香料フレーバーを油溶性溶剤である植物油などに溶解させた香料耐熱性があるので、加熱しても香りが残りやすい焼き菓子・キャンディ・ガムなど
乳化香料油溶性香料を乳化剤を用いて水に分散させやすくした香料スポドリなどに”濁り”を出したり、着色することも可能スポーツドリンク・果汁飲料など
粉末香料油溶性香料を乳化し、さらにデキストリンなどの賦形剤(ふけいざい)を加えて、スプレードライヤー法で乾燥した粉末状の香料。におい成分が賦形剤でコーティングされており、安定性に優れるスナック菓子のパウダー・粉末スープなど
主なフレーバーの形態

フレーバーの用途・使われ方

開発されたフレーバーがどのように使われるか簡単に解説します。

飲料

代表例は大きく分けて以下の3つです。

  • 炭酸飲料(フルーツ系飲料、ハーブ系飲料、栄養ドリンク、ノンアルコール系)
  • 非炭酸飲料(果実ジュース、野菜ジュース、コーヒー、スポーツドリンク、栄養ドリンク)
  • アルコール飲料(発泡酒、低アルコール飲料など)

炭酸飲料の例は、コーラやジンジャーエールなどが挙げられます。

kaori

コーラはレモン・ライムなどのシトラス系とナツメグ・シナモンなどの
スパイス系の香りをうまくMixした香りなんですよ。

非炭酸飲料としてはジュースなどの他に、コーヒーや栄養ドリンクなどさまざまな種類があります。

菓子

菓子類のフレーバーは、目的とする香りをつけるために利用されますが、それ以外の用途もあります。

風味をアップさせたり、好ましくない香りをシャットアウトする”マスキング”の役割を果たすことも多いです。

菓子は加熱することもあるので、耐熱性のあるフレーバーが求められることが多いです。

冷菓(アイス)

アイスは低温であることから、香りが立ちにくいです。

そのため、においの立ちあがりの強さ(力価)を大きくする必要があります

具体的には、”原料を多めに使う”・”フレーバーの添加量を増やす”などして対策します。

歯磨き粉

歯磨き粉のフレーバーは清涼感・爽快感・清潔感などが求められます

歯磨きは毎日行うものなので、良くも悪くも”飽きない風味”にすることが重要です。

原料としてはペパーミント・スペアミントのような精油がよく用いられます。

そして、ℓ-メントールなどの合成香料もバランスよく配合することが多いです。

メントールについては、「【これでわかる!】におい(香り)と化学構造式の関係」でも解説しているので、ぜひお読みください。

煙草(タバコ)

タバコにもさまざまな風味がするフレーバーが利用されます。

kaori

kaoriは非喫煙者なので、タバコを”吸った時”の香りはわかりません・・・(あと、苦手です😭)

香料メーカーといえど、フレーバー事業をやっていても、”たばこ”のフレーバーは取り扱っていないことは多いです。

たばこメーカーおよびグループ企業(JT富士フレーバー)が香料開発チームを持っていますね。

フレグランスとは?

フレグランスは、香水や化粧品などの香粧品に利用される香料です。

あわせて読みたい
香水の使用期限の目安は?開封後は1年、未開封(新品)で3年
香水の使用期限の目安は?開封後は1年、未開封(新品)で3年

フレーバーは、実在する果物やスパイスなどの香りを忠実に再現することが求められます。

もちろん、フレーバーでもイメージ上(ファンシー)の香りが求められることはあります。

たとえば、みなさんもご存知の”ブルーベリーの香り”はイメージ上の香りです(果物のブルーベリーは、ほとんど”におい”がしません)。

一方、フレグランスでは抽象的な(実在しない)香りを求められることが非常に多いです。

  • 「満月の夜、海辺でひとり佇んでいるときの香り」
  • 「爽やかさ全開!な青春の香り」
kaori

人の数だけ答えがありそうな抽象的なイメージですよね?
あと、少しポエミーな気がしますね(笑)

フレグランスは調香師(パヒューマー)が、顧客に求められた香りのコンセプトに沿って香りを作ります

フレーバーのように指標となるものが無いので、よりクリエイティブな仕事と言えるかもしれません。

香水のサブスク
【体験】香水のサブスクCOLORIA(カラリア)を徹底解説!
COLORIA(カラリア)の口コミ・評判は?これだけ読めば完璧!
カラリア
  • インスタで17万人以上がフォローする香水サブスク
  • 1日たったの66円(税込・送料込み)ではじめられる!
  • 700種類以上のブランド香水やルームフレグランスを試せる
  • 4mlだから使い切れない心配がない!
  • 当ブログ限定香りの定期便500円割引クーポンも配布中!
今がチャンス
クーポン利用¥1,980¥1,480

フレグランスの用途

フレグランスは私たちの身の回りの製品に多く使われています。

表にまとめたので、参考にしてください。

商品用途
香水香水、オードトワレ、コロン
フェイスケア化粧品、ローション、ファンデーション
ヘアケアシャンプー、コンディショナー、リンス、トリートメント、スタイリング剤、ヘアカラー剤、パーマ剤
ボディケア石鹸、ボディソープ、ローション、制汗剤、脱毛剤
ファブリックケア液体洗剤、粉末洗剤、柔軟剤
芳香剤室内用、トイレ用、クローゼット用、タンス用、車内用の香材
入浴剤液体・固体などの入浴剤
洗浄剤キッチン用洗剤、洗浄ペーパー、トイレ用洗剤、浴室用洗剤
文房具におい付き消しゴム、匂いつきの紙
商品ごとのフレグランス用途

おそらくこの記事を読んでいる人は、香水に興味がある方も多いと思います。

香水に関わる記事も書いているので気になるものがあれば読んでみてください。

まとめ:フレーバーとフレグランスの違いは口に入るかどうかだけ!

この記事では、フレーバーとフレグランスの違いについて解説しました。

  • フレーバーとフレグランスの違いは”口に入るかどうか
  • フレーバーには、「水溶性香料、油溶性香料、乳化香料、粉末香料」がある
  • フレーバー、フレグランスともに用途がたくさん!
kaori

口に入るかどうかだけでフレーバーとフレグランスが分かれるなんて
ざっくりしていますよね(笑)

あなたの身の回りにはフレーバーとフレグランスで満ちあふれていると思います。

商品ラベルの原材料をチェックして”香料”と書かれていないか調べてみてください!

”香料”がいかに多くの製品に使われているかよくわかると思いますよ!

セントピック
お得なクーポンは無くなり次第終了!
お早めに♪
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kaori

香料メーカーで研究職として働いていた経験から、香りや臭いについて情報発信しています|アロマテラピー検定1級|わたしも実際に使っている香水サブスク(COLORIA、SCENTPICKなど)の紹介|みなさんとワクワクしながら香りを楽しめる「香りハピネス」なライフを目指せたらウレシイです♪

-香りの知識
-, ,