MENU
量り売り香水Celes初回注文で300円割引今すぐクーポンをGET→

COSORIの電気ケトルCO108-NKのわたしの口コミレビュー!

COSORIの電気ケトルCO108-NKのわたしの口コミレビュー!
  • URLをコピーしました!

人気家電ブランドのCOSORI(コソリ)。

かゆいところにも手が届く機能性の高さはもちろん、インテリアとしても映える”おしゃれなデザイン“も人気のヒミツ。

この記事では、最新の電気ケトル「CO108-NK」をレビューします。

kaori

なかなか良かったので、気になる人はぜひ最後までお読みください。

米国Amazonコーヒーサーバー部門
売れ筋No.1(※)

2年間の品質保証で安心
【公式】

※2021年10月

VeSync Japan様より商品提供をいただき、記事執筆しています。
しかし、記事の内容に関する指示は一切受けておりません。

目次

COSORIの電気ケトルを試してみた理由

使いやすくて、オシャレな細口ケトルが欲しいなぁ…」と前々から思ってまして。

今まで使っていた電気ケトルは、もう何年も前に実家からもらった広口タイプ(ティファール)。

カップ麺など、ザバーッとお湯を入れる時は便利なものの、コーヒーのハンドドリップには不向きでして…。

ステンレス製のケトルはあるんですが、ガスを使うしちょっと面倒(火が強いと吹きこぼれることもある(笑))。

あと、自分が使っているティファールの電気ケトルは、使い込んできたこともありプラスチック臭が気になることも…

そろそろ買い換えたいなぁと思っていたところに、COSORIの電気ケトルを試す機会をいただきました。

kaori

洗練されたデザイン&機能性の高さに惹かれ「これは良さそう!」とビビッと来ました。

もちろん、良い点ばかりではなく、いくつか気になる点もあったので包み隠さず紹介しますよ♪

kaori

さっそくレビュー…と、その前に
気になるスペックを見てみましょう!

COSORIの電気ケトル CO108-NKのスペックと特徴

COSORI CO108-NK
COSORI CO108-NK
出典:https://vesync.jp/products/cosori-co108-nk

今回試したCOSORIの電気ケトル「CO108-NK」のスペックを紹介します。

kaori

色はホワイトとブラックがありますが、今回レビューするのはブラックです。

型番CO108-NK
ホワイト・ブラック
容量0.8L
重量1.15kg
定格電力1200W
電源AC100V、50/60HZ
寸法29.4×22.7×19.7cm
電源コード1.2m
価格(税込)8,880円~
価格は2023/11/19時点
CO108-NKのスペック

電気ケトルの容量は0.8L。

1人暮らしの人はもちろん、1杯分であれば4人家族でも対応可能なサイズです(1人200mLとして)。

重さもそこまで重くなく、約1.15kg。

大部分がステンレス素材でありながら、女性やお年寄りでもヒョイと持てます。

電源コードは1.2mと、電気ケトルにしては少し長め。

なので、多少余裕をもって好きな場所にセッティングできますよ。

希望小売価格は約9千円~とお高めですが、機能性の高さや細かな作りを見ると納得の価格です。

kaori

ここからは注目ポイントを深掘りしますね!

細口ケトルだから、コーヒーのハンドドリップに最適

COSORI CO108-NK 注ぎ口が細口
細口だから湯量を調整しやすい
切り口もキレイで、角は取れている
kaori

細口ケトルを使いたい人って、おそらくコーヒーのハンドドリップ目的の人が大半かと(ド偏見)。

COSORIの電気ケトルは、細口タイプなのでスピードも調整しやすく、チョロチョロっと注いだり、美しいカーブを描いた注ぎ方もできます。

挽き立てのコーヒー豆をハンドドリップするときの、”モコモコ”っと泡立つ様子って最高ですよね。

COSORIの電気ケトルなら、カンタンにできますよ。

ワンタッチで温度設定できる

COSORI CO108-NKのボタン
5段階の温度をポチッと選ぶだけでOK

COSORIの電気ケトルの目玉機能って、この「温度設定」だと思います。

なんと60-100℃まで5段階の温度をボタンひとつで設定できるんです。

飲み物の種類ごとに、最適な温度が設定されているので、迷わず選べますよ。

玉露60℃
中国茶(白茶)70℃
ウーロン茶85℃
コーヒー90℃
中国茶(工芸茶)100℃
飲み物の種類とプリセットの関係

1200Wのハイパワーで、すぐに沸騰する

コーヒー1杯(140mL)であれば、たった1分で沸騰します。

Maxの800mLの場合、沸騰するまで約4分30秒かかりますが、それでも短い時間でサクッとお湯を沸かせるのは便利ですよね。

食品用ステンレスSUS304を使用

COSORI CO108-NK MAXの表示がある
ステンレス製(SUS304)
ケトルの内側にMAX表示があって、わかりやすい
COSORI CO108-NK つなぎ目に水が溜まりにくい
底部のつなぎ目に段差がないので、水が溜まりにくい

COSORIの電気ケトルで使用されているSUS304。

化学の知識がある人ならおなじみの素材ですが、耐食性にも優れています。

ケトルがプラスチック樹脂製だと独特のプラスチック臭がすることもありますが、COSORIはステンレスなのでそのような臭いはしにくいです。

また、MAX表示がケトルの内側にあるので、どこまで入れていいかわかりやすいですよ。

kaori

底部が段差になっていないのも良いですね。

段差があるタイプのものだと、水が溜まりやすいんですよね…

水垢やカビの原因にもなりかねないですし、つなぎ目で段差が無いのは良いなぁと思いました。

フタが分離されていて洗いやすい

COSORI CO108-NK キャップ
COSORI CO108-NK キャップ

今までわたしが使っていたティファールの電気ケトルは、ポットとフタが一体になっていて洗いにくかったんですよね…。

COSORIの電気ケトルは、フタをカンタンに外せるので、カンタンに洗えますし衛生的ですよ。

kaori

内側に”ツメ”があるので、カチッと引っかかります。

しっかりフタがされているか確認しやすいので、水をこぼしてしまうリスクも軽減されますね。

60分間の保温機能がついている

保温機能が60分と比較的長めです。

一度お湯を沸かしてしまえば、しばらくは温かい状態を保ってくれます。

自動電源オフ&空焚き防止

お湯が沸騰したら自動でスイッチが切れます。

もちろん、空焚き防止機能もついているので、うっかりお水を入れ忘れたなんて時にも安心です。

事故につながりにくい設計がされているのは、メーカーとして信頼できますよね。

米国Amazonコーヒーサーバー部門
売れ筋No.1(※)

2年間の品質保証で安心
【公式】

COSORIの電気ケトルを実際に使ってみた感想

実際につかってみた感想を紹介します。

kaori

せっかくなので、届いた様子も見てみましょう♪

箱はこんな感じです。

COSORI CO108-NK 外箱
COSORI CO108-NK 外箱
kaori

電気ケトルに対して少し大きめですが、そこまでは気になりませんでした。

COSORI CO108-NK 開封
箱を開封♪
保証に関するお知らせが入ってます
COSORI CO108-NK 梱包の様子
発泡スチロールとプチプチで
キレイに梱包されています

梱包については特に問題ありませんでしたよ。

内容

COSORI CO108-NKの内容物
COSORI CO108-NKの内容物

内容はいたってシンプル。

CO108-NKの内容
  • 電気ケトル
  • フタ
  • コンセント
  • 説明書
  • 修理について(案内)

使ってみて良かった点(メリット)

実際に使ってみて良かった点はつぎのとおり。

良かった点
  • ボタン操作がラクチン
  • ケトル自体が軽量で、注ぐのがラク
  • 湯量の調節がしやすい

ボタン操作がラクチン

パッと見でわかりやすいボタンがついているので、操作がラクチンです。

COSORI CO108-NK 100℃に設定
100℃に設定にした様子
ワンタッチで設定できる

ケトル自体が軽量で、注ぐのがラク

電気ケトルが1.15kgと軽量。

あまり力が無い女性やお年寄りでも腕が疲れずにお湯を注げます。

湯量の調節がしやすい

COSORI CO108-NKでハンドドリップしている様子1
湯量をコントロールしやすい
COSORI CO108-NKでハンドドリップしている様子2
狙った場所に注ぎやすく…
COSORI CO108-NKでハンドドリップしている様子3
ハンドドリップが楽しくなるはず♪

特にハンドドリップでコーヒーを淹れる人は、気になるポイントですよね。

細いラインで、狙ったポイントに注げますよ。

kaori

ハンドドリップが楽しくなること間違いなし!

ちなみに、コーヒーの温度は90℃で設定されています。

使ってみて気になった点(デメリット)

正直、満足度はかなり高いものの、気になる点がありました。

90℃~100℃の間の温度が欲しかった(95℃とか)

コーヒーだと90~95℃の間で温度を微調整することがあるんですよね。

COSORIの電気ケトルなら、ラクに温度を選べる反面、微妙な温度設定ができないのは少し残念です。

kaori

せめて、95℃があればなぁと思いました。

“イマ”何度かはわからない

デジタル式のものであれば”現時点”で何度なのかわかりますが、COSORIの電気ケトルの場合はわかりません。

決められた温度になるまで待つのが基本なので、温度が変わる様子をチェックしたい人には不向きかも(ただ、必要性もそこまで大きくない気はしますが…)。

ポットの外側は結構熱い

普通に持てば問題ないですが、ケトルの外側を触るとそれなりに熱くなります(正直、ほかのケトルでも同じですけど)。

やけどをしないように気を付けましょう。

ティファールとの比較

わたしがこれまで使っていたティファールの電気ケトルは、今のタイプとやや異なるものの、違いを比較してみました。

COSORI
ティファール
  • 注ぐ湯量の調節がしやすい
  • 温度設定ボタンがある
  • フタを外せる
  • ステンレス製のため、カビが生えにくい
  • 湯量MAXでも吹きこぼれなさないような、穏やかな温度上昇
  • 800mLで分秒
  • 側面がそれなりに熱くなる
  • 注ぐ湯量の調節がしにくい
  • 温度設定はない
  • フタが一体式
  • プラスチック製のため、カビが生える可能性も否定できない
  • 湯量MAXだと、溢れないか心配になるくらいには激しく沸騰する
  • 800mLで分秒
  • 側面はCOSORIほど熱くない

持ち手部分は、本体の壁面と離れていて手がやけどしないような作りになっています。

kaori

全体的にはCOSORIの方が優れているように感じました。

また、最大容量800mLの水を100℃で沸騰させるのにかかる時間は、COSORIの方が13秒早かったです(約4分32秒)。

140mLの水なら、”たったの1分“で沸くので、忙しい朝の味方になってくれるはず。

ただ、そこまで大きな差ではないので、

COSORI 800mLを100℃まで沸騰するのにかかった時間
COSORIで800mLの水を
100℃まで沸騰するのにかかった時間
TIFAL 800mLを100℃まで沸騰するのにかかった時間
TIFALで800mLの水を
100℃まで沸騰するのにかかった時間

米国Amazonコーヒーサーバー部門
売れ筋No.1(※)

2年間の品質保証で安心
【公式】

忙しい朝の味方!多機能でオシャレなCOSORIの電気ケトルを試してみて

COSORI CO108-NK とコーヒー

COSORIの電気ケトルは思っていた以上に使いやすくて、満足度が高かったです。

kaori

わたしも長年使っていたティファールの電気ケトルとお別れできそうです(ありがとう、ティファールさん)。

すぐに沸騰するので忙しい朝はもちろん、ちょっとした休憩でも活躍すること間違いありませんよ♪

米国Amazonコーヒーサーバー部門
売れ筋No.1(※)

2年間の品質保証で安心
【公式】

 

All content of this blog are protected by DMCA. Reproduce and republication of our content in any form is strictly prohibited.

COSORIの電気ケトルCO108-NKのわたしの口コミレビュー!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次